うふふのふ〜♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 秘密のお友達・・・・

<<   作成日時 : 2007/02/11 01:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

ふ〜ん・・・・runaとウランみたいなのかにゃ〜?
ママ お話聞かせて
画像

うん このお話はね
とっても優しくて勇気のある二匹の動物のお話なの




画像

画像



ある嵐の夜
真っ暗闇の山小屋に逃げ込んだ ヤギさんとオオカミさんの
大切な友情のお話なのよ

初めて会ったそのときはね
真っ暗だからお互いの姿が見えなかったの
そして 雨に濡れて鼻風邪をひいてしまったから 
お互いの匂いもわからなかったの
でも お話しているうちに 二匹はとっても仲良しになったの
そしてね また会うお約束をするの
「嵐の夜に」を合言葉に・・・・・

それから お約束の日がきました 
お約束の日に現れたのは
ヤギさんのメイと オオカミさんのガブ・・・・
お互い びっくりしたけど・・・・・
二匹のあの小屋での
あの時の優しい気持ちが通じたのね
そしてね
それから二匹は 「秘密のお友達」としてお付き合いが始まったの
二匹だけの 楽しいお付き合いが

でもね
周りのみんなからしてみれば
この二匹の友情はあってはならない友情なの
だって 食うか食われるかの間柄だから
そんな関係でもメイとガブは お互いの本能と友情との板ばさみの気持ちと戦いながら
深い友情をふかめていったのよ

いくら説明しても
周りの仲間には決して分かってもらえないメイとガブ
二匹が取ったのは・・・・・・
やっぱり友情だったの
そして 一緒に旅にでるの
はるかむこうの 
険しい雪山の向こうに
ヤギとオオカミが一緒に暮らせる
「緑の森」があることを信じて・・・・
いつか一緒に丘の上で大きなお月様を見たいから・・・

吹雪の雪山にたどり着いた二匹
もう 歩くことのできなくなった メイ
お腹を空かした ガブ
ガブがメイの為に作った雪の洞窟の中で
メイは言うの・・・・・ガブに感謝しながら言うの
「ボクを食べて元気になって」って
ガブのお腹が 鳴るの
お腹すいているから鳴るの
グーグー鳴るの
でもガブが言うの
「お腹よ鳴るな鳴るな鳴るな!お腹なんて空いていない」って

メイの言葉にたまらなくなったガブは
嘘をついて表に出るの
そして メイのために雪の中で餌の草を探すのだけど
・・・・・・・どこにもないの
そこに 裏切り者になってしまったガブを追いかけてきたオオカミの仲間が・・・
ガブは勇気を振り絞って 戦ったの
メイを守る為に 命を懸けて戦ったの
・・・・崖の上からおおきな雪崩れが起きて・・・・・

大きな雪崩れの音?
メイは意識を取り戻して ガブを探しに表に出たの
そして山を降りかけたとき・・・・・
緑の森が・・・・・森が見えたのよ
そうして 生死を掛けたガブとの再会
とっても嬉しかったメイとガブ・・・・のはずなんだけど
ガブ?
自分が分からないガブ
こわい顔のガブ
「ヤギはおれの大好物さ」
この日は大きなお月様の夜
お月様を見ながら メイを食べると言ったガブ

ガブはそんなオオカミじゃないと信じるメイ
二匹のやりとりの中に出てきたメイの言葉
「嵐の夜に」

本能むき出しになったガブの怖い顔が変わったの
「あ・ら・し・の・よ・る・・・・・・・あ・ら・し・の・・・・?」
「嵐の夜に!」
いろいろなことがガブの頭の中でグルグルグルグルと甦って・・・・

「嵐の夜に」
その 合言葉は二匹だけのもの
ガブは元の優しい顔に戻っていくの
そして メイを見たの

丘の上にはヤギのメイと優しいオオカミのガブの姿が 
そこには もう おおきなお月様が二匹を優しく迎えてくれていました



ママはもう 涙が止まりませんでした。。。。。。


画像

runaも ウルウルしちゃったにゃん・・・・




じゃあ runaとウランは 秘密の姉妹かにゃ〜♪
ウラン ひつっこいのよねえ にゃ〜ん♪
画像



お友達のわんちゃんのキックの「秘密のお友達」はね
にゃン子の赤ちゃんなのにゃん♪
画像




以前うちにいたワンコのアムロおじいちゃんの「秘密のお友達」は・・・・
ええええええ〜にゃん!? 
ピンクパンサーにゃん?
画像

おじいちゃんは 偉大なワンコだったんだにゃ〜〜〜〜♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
うぇーん うぇーん しくしく こんばんワン
なんて感動的なお話なのぉ…
あたしねぇ 泣けちゃったワンよぉ
おっとさんも涙タラーッてチョチョギレてるよん

ウランちゃんとrunaちゃんはとっても仲良しだねん
心が繋がってるんだなぁん

あたしもねっ 秘密のお友達が欲しいワン
愛言葉を語りたいワン
さくら
2007/02/11 02:07
蘭摩瑠さん、ご無沙汰しちゃってすみましぇ〜ん。

ふ〜〜む、映画のほうは原作のその先が設定されているんですね〜。
うん、でもそうあってくれたほうが救われる気分です〜。
原作は雪崩で終わっちゃうから。。。

それにしてもニャンコベビーたちのかわゆいこと♪
anko
2007/02/11 15:09
さくらちゃん こんばんわ〜^^
さくらちゃんもおっとさんも 感動してくれたのね〜(∩.∩)
うん ほんとうに 最後の最後で どどどどど〜〜〜っと涙があふれちゃったのよ 
人間と人間だけじゃなくっても 人間と動物の間でもこんな友情があればすてきだね(^_^)
さくらちゃんは おっとさんと 秘密の「愛」言葉・・・
作って ひ。み。つ。 にしているんじゃないのかな〜( *´艸`)
うふふ〜 ひ、み、つ、だから 内緒よねえ(*^m^*) ムフッ 
蘭摩瑠
2007/02/11 21:06
ankoさん おひさしぶり〜^^
ダイブ調子が戻られましたか〜?
無理せんようにね〜(^_^)

え〜〜!以前紹介してくれた 原作の絵本・・・高かったよねたしか^^;
原作では ガブは。。。。。帰らないんだ!
いっや〜 そ〜だったのお
原作読んでいるんだったら 絶対DVDみたほうがいいと思いますよ〜^^
ちょっと 声 には 私には違和感あったけどね^m^

あかちゃんって みんなそうだけど
子猫ってほんとみていても飽きないのよね〜^^
ってゆーか 目が離せない〜(^m^ )クスッ
ので キックは子守役です^^
蘭摩瑠
2007/02/11 21:15
これを見ながら、運転したのかい〜?
あっぶないぞ〜〜〜
涙で目がかすんで、前が見えないじゃ〜〜ん(*^O^*)エヘヘ

蘭摩瑠しゃんちのわんにゃんは、仲がいいのね〜〜〜\(^o^)/
この前TVで、
にゃんことチュ〜チュ〜がすっごく仲良くて、びっくらこいた!
にゃんこの餌入れに、ねずみさんも一緒に入って、餌食べてんのよね〜
こっちは、間違えて食べないか、はらはらして見てたけど〜(^m^ )クスッ
小さいころに一緒に育ったら、
何の動物同士でも仲良くなれるんだね〜

れもぞう
2007/02/11 22:10
蘭摩瑠さんDVD買ったのね〜。
これは本当に泣いちゃうお話です〜。
イラストのガブとメイ。とってもすてき〜。
特にガブカッコイイ〜。

れもさんの見たテレビの猫とねずみが仲いいなんて、
トムとジェリーみたい〜。
まあトムはジェリーを食べようとはしてるけどね〜^^;

私の見たテレビではワンコとライオンともう1匹何だったかな?が一緒の檻の中にいて、ワンコが一番強かったのでビックリしました。
ハイビス
2007/02/11 22:54
「お〜かみだ、お〜かみがでたぞ〜!」
いやラムヂーですけど。
ふつ〜はそ〜なりますよね〜(笑)
♪ラムヂー ラムヂー かわいこちゃん
 ラムヂー ラムヂー おちゃめちゃん♪
中略
♪ずっこけ おおかみ こわいから
 みちくさしないで かえろうよ♪
http://www.rinpara.com/GR/GR_809_1.htm#40355
なんか検索してたらこんなん出てきたり。

雪崩で終わり。
それはそれで良い気もします。
余計な付け足しがせっかくのラストを台無しにしてしまう事もあるんですよね。これはそうではないようですが。
BMX
2007/02/12 00:08
原作本、5冊セットで6000円…でした。
児童書って高いですよね〜(-_-;)
まぁ、装丁とか紙質とか…文庫と比べるわけには行かないけど。
でも一冊にしたら1200円。。。ん〜、そんなものでしょうか。
ちょっと躊躇したんですけど久しぶりに手元に置きたい本だったので…
(でも、たぶん生協の割引で買ってます・笑)

私は最初NHK教育の「テレビ絵本」か「おはなしのくに」で
知ったんですよ。
一人の俳優が絵本を一週間、朗読する番組なんですけど
そのとき中村獅童が朗読してたの。
それがものすごく良かったんですよ〜!
映画も見てみたいけど、あの朗読ももう一度聴いてみたいと思いますね。
anko
2007/02/12 00:19
れもぞう〜くん^^
うん 運転しながら最初だけ観たよ
でも 暇だと思ったら けっこう忙しくなっちゃって
・・・・・・たばこ吸うのも忘れてたくらいだった><
だから 早めに帰って一人でじっくり観たのね〜♪
ほんとに 最後の最後で も〜 どば〜〜〜〜!!!っときちゃうの!
お勧めだよ〜(∩.∩)
そいえば〜 お友達のとこも ハムスターとにゃんこが仲良しだったよ
うちの runaはねずみ捕るから 絶対むりだ〜(=∇=;|||)

蘭摩瑠
2007/02/12 18:57
ハイビスさ〜ん^^
そそ ハイビスさんが 観た! ってお部屋でお話してくれたときにね
「その後の二匹は・・・」
みたいな感じで終わってたから ど〜しても 続きが見たくなって^m^
書店行っても ホームセンター行っても7・11行っても無かったから
ネットで買ったんです〜^^
イラスト?
蘭摩瑠風です・・・・こんなんがいいな〜って(^▽^)

私が見たテレビは ライオンのお母さんが親とはぐれて生まれたばっかの鹿みたいなの
なんだっけかな? 
そにかく その赤ちゃんを雨風から守っているのね
赤ちゃん 少し元気になったころ ライオンのお母さんがお出かけしている間に自分のお母さんとめぐり合えたの
なんか 不思議な光景だったよ〜・・・・
蘭摩瑠
2007/02/12 18:58
Bさま^^
聞いたことはあるけど ・・・・わかんないです^^;
うん そ〜ね〜 物語のラストで 感動が違ってきちゃったりするものです〜!
いいな〜・・・っと感動していたら ラストでひねくれちゃったり
なんてよくドラマでもあるよね
・・・・ってあんまりドラマ見ないけど^^
でもこのお話は せ〜かい!です(^◇^)〜♪
蘭摩瑠
2007/02/12 19:06
ankoさん^^ 
そ〜そ〜 紹介してくれたとき 「高〜!」っと思ったンです〜Σ(|||▽||| )
中村獅童さんのそのお話もそのときお話してくれましたね〜♪
蘭摩瑠も 聞いてみたいな〜♪
絵本って 淡々と読んでいるよ〜で 心がはいっているんですよね〜
むかあっし 子供に絵本を読んであげるときって
自分なりに 絵の中に入っちゃった気が・・・・
今でもそ〜ですが(= '艸')ムププ
でも 映画でのガブとメイの声は 最初はイメージじぇんじぇん違っちゃって
観ているうちに ハマっている自分がおりましたけどね〜(*^m^*) ムフッ 
蘭摩瑠
2007/02/12 19:19
例えばフランダースの犬。
TV版第一作で、ラストが無理矢理ハッピーエンドみたいな演出になってたり、教会には来なかったはずのアロアが何故かいたりしたのはまだしも。
第二作ではつけたりがかなり鼻につく様になってたとか。
あまつさえ劇場版アニメでは、アロアが修道院に入る、みたいな絶対あり得ない(一人娘ですよね、確か?)オチが追加されてた、と聞いた事が。
極めつけのアメリカ版映画では、本っ当〜〜〜に余計なオチがつけられていて、せっかくの悲劇がぜ〜んぶ台無しに、とゆ〜のは有名ですよね。
「悲劇」を一体なんだと思ってるのやら。
BMX
2007/02/12 21:24
アニメ=お子様向けと位置づけているのが一番の原因なのでしょうね。
絵本なら雪崩の先(助かってるかも知れない)を想像する余裕があると
思うんですけど、映像で見せられてしまうとそこまで…というか。
でも必要とあれば「死」や「別れ」をきちんと描写する方が
ヘタなごまかしよりいい場合も多々あると思いますけどね。
あとで親子でちゃんと話をするのが大切なんだし。

息子達も小学校低学年の頃
「お父さん、お母さんが自分達より先に死ぬ」(順番で逝けば)
と気づいた時は、幾晩も夜ベッドの中で泣いてたりしてビックリしました。
近しい肉親の死とか友だちの死とか、全く経験がないのでかえって恐怖を
感じるようです。
ナニを話したかよく覚えてませんが、まじめに「死」について子どもと
話をしました。

…フランダースの犬の話はかなりひどいですね〜、知りませんでした(*_*;
かえって子どもをバカにしてる気がしますね。
anko
2007/02/12 23:49
Bさまもankoさんも アニメに詳しいです〜^^
わたしはぜんぜんくわしくないのね〜
でもフランダースの犬のラストシーンは有名ですね
って 日本版?のだけしか知りません
いろんなラストシーンがあるなんて 
ankoのゆーよーに 素直に受けとめる子供の(大人も)心に穴をあけるよ〜なものですね!

「死」についてですか・・・・
幼い子どもに お話するのは親だから 優しく親身になって そーゆーお話ができるんでしょうね
私は 幼いころにそのことについて話したこともないです
幼い頃に なにかのきっかけで ankoさんのお子さんは遠くの現実を近状的なものに捉えてしまったのね
そんな幼い優しい気持ちがもっともっと大きくなったら
お母さんお父さんを大切にしよう っとゆー気持ちがであふれていくと思いますよ(*^0^*)

私はあえて お話するとしたら・・・・いつも言っているんだけど^m^
元気が一番 健康一番^^

蘭摩瑠
2007/02/13 22:53
しつこくフランダースの犬。
原作では、ネロとパトラッシュは世界中から見捨てられて(クリスマスパーティーを優先して探しに行かなかったアロアも含む)死んでいくのですが。
アメリカ版はホント〜に言語道断、なのだそ〜です。
朝、教会で、群衆が見守る中、いきなり息を吹き返すネロとパトラッシュ。……ゾンビかアンタらは!
そんでそこに唐突に出現するネロの父親。……アンタ今更何しに来たの?どの面下げてよくもまあ。
で、無理矢理はっぴぃえんど、となるのだそ〜です。
台無し、のひと言ですよね〜。
更に、日本公開バージョンは、非難轟々となるのを恐れてか、ラストシーンを急遽でっちあげて(そのせいでかなりてきと〜な出来なのだとか)差し替えてあったのだそ〜です。
台無しの上塗りですよね。

アメリカ人は「死」の表現について、なんか両極端な気がします。
昔の作品ですけど「レンズマン」とかでも、主人公が悪人を(かなりやむを得ない状況であっても)殺すのを病的に嫌がりますし。
かと思えば西部劇やらギャングものでは、昔からてっぽ〜撃ちまくりの殺しまくりでしたし。
この差は一体なんなんでしょうか?
BMX
2007/02/17 22:44
やだ〜 ここ忘れてた^m^
>朝、教会で、群衆が見守る中、いきなり息を吹き返すネロとパトラッシュ

しっかし これはないですよね〜!!!!!!
これだけの名作
これって 原作者にたいしても 失礼だと思います!
蘭摩瑠
2007/02/20 20:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
秘密のお友達・・・・ うふふのふ〜♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる